ホーム > 歯周病治療

歯周病治療

歯周病治療について

歯周病とは

歯周病の多くが以前は歯槽膿漏といわれていました。これは「歯槽(歯ぐき)から膿が漏れる」といった症状を表したもので正式な病名は辺縁性歯周炎といいます。この病気にかかってしまうと、歯がぐらつき、歯ぐきから膿が出てきます。そのうちぐらついた歯が抜け落ちてしまうという恐ろしい病気です。また、1本にとどまらず口の中全体に広がっていきます。

ほとんどの大人がかかっている歯周病

35~44歳の人ではおよそ81%、45~54歳では85%の人が歯周病にかかっています。つまり、ほとんどの大人が程度の差はあっても、歯周病にかかっているといっても過言ではありません。(厚生省歯科疾患実態調査1993年より)

歯周病治療について

歯周病は歯を失う大きな原因の一つです。

歯を失う原因の第1位は虫歯ですが、歯周病も虫歯の次に歯を失う大きな原因になっています。特に40歳あたりからは、歯周病の比率が高くなってきます。

歯周病は歯を支える周りの組織に起こる病気です。

歯の周りには、歯を支える様々な組織(歯肉、歯根膜、セメント質、歯槽骨)があります。歯周病は、これらの組織が細菌に感染して起こり、次第に歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けていく病気です。虫歯は歯が溶ける病気ですが、歯周病は骨が溶ける病気なのです。

補綴の「保険治療」と「自費治療」の違い

歯周病の予防と治療

初診を行った後、精密な診査を行います。
当院ではレントゲン10枚法、口腔内写真、歯型での咬合診査、歯周組織検査、細菌検査、CT検査などを行い患者様のお口の状態を把握します。

歯周病の予防と治療

重度・中程度の歯周病の場合

ページトップへ